オリスターノ県庁広場












食べれるサボテンの実




ペコリーノチーズ工房


仔豚の丸焼き






































地中海に浮かぶ美しいサルデニア島のバカンスです。日本では殆んど紹介されていないサルデニア島への旅行です。滞在はオリスターノ県にあるマヌエラ夫妻の家です。そして彼らと一緒に2800年前のヌラゲの遺跡巡りやオリスターノ市、カリアリ市の観光へ行ったり、いくつもある美しい地中海の海岸で泳いだり潜ったりのバカンス、そして新鮮な野菜料理、魚料理はもちろん豚肉や子羊の肉料理をはじめイタリアで一番人気のあるアーモンドや羊のミルクで作ったリコッタチーズを使うサルデニアの伝統お菓子作りなども習えます。



5泊コース:お二人参加
含まれるもの
☆5泊朝夕食付、カリアリ空港とファミリー送迎(往復)。
☆サルデニア料理レッスン2回。(又は1日海水浴か近郊観光)。
☆古代のヌラゲ遺跡観光。
☆サルデニア州の州都で古い港町のカリアリ市観光。
☆オリスターノ市観光とペコリーノチーズ工房訪問。
☆美しい地中海で1日海水浴、パニーノランチ付。
参加費用は1,600ユーロ(お2人分)


3泊コース:お二人参加
含まれるもの:
3泊朝夕食付、カリアリ空港とファミリー間の送迎(往復)。
☆サルデニア料理レッスン1回。(又は半日海水浴か近郊観光)。
☆オリスターノ市観光とペコリーノチーズ工房訪問。
☆美しい地中海で1日海水浴、パニーノランチ付。

参加費用:1,000ユーロ(お2人分)
★基本はお2人からですがお1人やご家族参加の方はご相談ください。
サルデニア島はイタリア・ウンブリア州の左側の地中海(ティレニア海)に位置して、地中海で一番大きいシシリー島に次ぐ島です。その歴史や文化、言語は他のイタリアとはまったく違うものです。紀元前の古代フェニキア人やギリシャ人の襲撃からほんの150年前まで常に他国からの侵略にあった島なので、外敵と戦い続けたサルデニア人は不屈の精神を持っています。一般にサルデニア人は「石頭」と言われますが働き者で誠実なのは有名です。言語はスペインの影響が強く残っていて、特に北のサッサリ県ではスペイン北東部のカタルーニャ地方の言葉を話しています、ですから島のどの地方へ行ってもサルデニア語を話されるとイタリア人にはまったく外国語になってしまいます。学校ではイタリア語を勉強するのでみんな二ヶ国語を話すと言われています。
今回ご案内する所は島の西南部のカンピタ゛ーノ平野部で、水も比較的豊かな緑の多いオリスターノ県になります。内陸部は石で覆われた山岳地帯で昔から羊やヤギなどしか飼われていませんでした。現在でもたくさんの羊飼いが羊の放牧をしてそのミルクから世界一と言われるペコリーノチーズが作られています。農業はわずかな平野部で小麦やトウモロコシなどが作られますが、殆んどはアーモンドやワイン用のぶどうそしてコルクなどです。
島の各所に古代サルデニア人が地中海の外敵から襲撃を防ぐために築いたヌラーゲと呼ばれる円筒形の石の建物が見られます。最大で良く保存されたヌラーゲがこのカンピダーノ地方にあるバルーミニの町に残っています。
島の北東部には世界的に有名なエメラルド海岸と呼ばれる超高級リゾート地が開発されて、ヨーロッパはもちろん海外からたくさんの富豪が贅沢なバカンスにやって来ます。しかしカンピダーノ地方の美しい海岸は地元の人たちが殆んどで、ゆったりのんびり楽しめます。家内の生まれ故郷なので我が家も毎年バカンスに出かけて透明できれいな海で泳いできます。
そこに住んでいる家内の姪夫婦の家に滞在しながらサルデニアのバカンスを楽しんでいただく企画です。ウンブリア専門の私ですが今年から家内の生まれたサルデニア島のバカンスもご紹介することにしました。
海と山からの食材が豊富な地中海に浮かぶサルデニア島でのどかで美味しい食事のホームステイを楽しんでください。
純朴な土地の人達との交流、とっても美味しい郷土料理、2800年前の遺跡などをお楽しみいただきながら、心癒される滞在をお過ごし下さい。
このホームステイは、大都市によくある一家族が複数のゲストを受け入れる形とは違って、お一人または一組のお客様のみの滞在です。ですからホスト家族と共に行動できるいわゆるホームステイ本来の楽しさを十分味わうことができます。通常の観光旅行ではとても得られない「イタリア」本来のすばらしさを知ることができますし、何よりもイタリア人の心の豊かさに心打たれることでしょう。
イタリア大好きでイタリア語を勉強されている方もホームステイでイタリア語を実践したり、学校などではなかなか習えない現地ならではの表現などを知る良い機会になるはずです。言葉はちょっと・・・という方もマヌエラさんは少し英語を話せるし、ウンブリアからスカイプを使って日本語で菊地と連絡が取れるようになっているので心配いりません。
滞在は5泊か3泊が基本となっておりますが、延長もできますので、ご希望の方はお問合せの際にご相談ください。ご希望によっていろいろなオプションもアレンジいたします。

これはマヌエラ家に3〜5日間滞在のプログラムで、美しい地中海に囲まれたサルデニア島でバカンスを過ごすものです。
マヌエラと旦那さんのマウロがみなさんのご滞在を楽しいものにしてくれます。まだ30代の2人は行動的で、特に夏の間は美しい海へ連れて行ってくれます。サルデニア州のオリスターノ県は島の右側に建設された大リゾートタウンも無く、主に地元の人々が行く静かで透明な水の海岸が各所にあります。沖縄の海と同じような感じです。
料理は魚料理、肉料理、野菜料理が独特で素材の素晴らしさに驚かされます。魚はイタリアでは珍しいうなぎ、ぼら、からすみ(ボッタルガ)などいろいろあります。肉は仔豚、子羊が有名です。野菜はアーティチョックはイタリア一美味しい品種ですし香りの良いセロリやカブなども特産です。果物もメロン、スイカ、ブドウ、イチヂクなどが大変美味しいです。ドルチェもイタリア人から愛されている地元のアーモンドや羊のミルクから作られるリコッタチーズを使ったお菓子です。アメリカのホワイトハウスには常に置かれているというサルデニアのペコリーノチーズもやめられません。ワインは白も赤も濃くのある美味しいものが沢山あります。


マヌエラ家の写真

家の門と中庭 夏は庭に面した大きなベランダで食事をします
4人のお客様がさわやかなベランダで朝食 ダイニング・キッチン
寝室1 広い浴槽付きのトイレ
寝室2 マヌエラ夫妻と楽しい夕食
寝室3 郊外にある美しい教会
古代のヌラゲ遺跡観光 夕食でマヌエラ夫妻の友達にお箸の使い方を教える


サルデニア島・マヌエラ家の位置


お問合せ・お申し込みは