1週間の滞在費(光熱費込み)、最寄り鉄道駅(ナルニ・アメリア駅)送迎を含みます。
滞在費:1週間(7泊) 500ユーロ(お一人の場合)、
              600ユーロ(お二人の場合)。

■インターネット接続無料(PCなどはご持参下さい)。
期間限定: 毎年4月〜9月まで。
ご希望によって最長2週間までお受けいたします。

料金に含まれないもの: 航空券。海外旅行保険。
料理レッスン・イタリア語レッスン・観光案内他はこちら
イタリアの田舎、緑豊かなウンブリア州に1週間の滞在はいかがですか。
のんびり田舎暮しを楽しみながら地元の人と交流したり、気ままにイタリア観光などが出来ます。

お勧めするのは、イタリア中部
ウンブリア州・アメリアの家に滞在です。
アメリアは2600年前にウンブロ族によって建設され、2000年前からは古代ローマ帝国に組み込まれました。旧市街はウンブロ族の時代と古代ローマ時代に建設された城壁に囲まれ、沢山の中世の貴族の館が残る歴史のある町並みがすばらしい所です。ローマやフィレンツェなどの大きな街とは違った魅力に溢れています。


滞在する家は1600年代に建設されたアメリア旧市内のお屋敷で、オーナー家族の一つのアパートです。出入り口や水まわりが独立していて、プライバシーも十分です。どこもゆったりした間取りになっております。
立地もよいところなので買い物などにも便利です。小さな街ですが、銀行や病院、スーパーなどすべてが揃っていますので安心です。


現地では日本人スタッフが日々の暮しや滞在中の過ごし方をいろいろアドバイスいたします。
ご希望によってイタリアの家庭料理レッスンや、イタリア語を地元の先生から個人授業で受けたり出来ます。また家のオーナーや土地の人達とのふれあいなど、忘れられない自分だけの体験が出来るでしょう。


1週間滞在について
基本的には滞在場所としてアパートを借りる、ということです。しかしイタリアでは外国人が家を借りるというのは複雑な手続きがいり、ほとんどのオーナーが貸したがりません。ここで御紹介している1週間滞在用のアパートは、ハートオブイタリーが独自に契約しているので入居するのに問題がありません。そして一軒のお屋敷すべてが一家族のオーナーなので、オーナーご家族とのふれあいがあります。
また皆様のご滞在中は、現地に住んでいる菊地ファミリーが責任を持ってお世話しますので、女性1人でも団塊の世代の方でも、何の問題も無く楽しいイタリア滞在ができます。特に2年ぐらい前から退職された団塊の世代の御夫婦のお客様が急増してきていますが、すばらしい滞在ができたとご好評を得ています。

食事は付いておりませんが、完備したキッチンがありますので、御自分に合わせて自炊できますから、体調維持にもぴったりです。ホテル住まいで外食を強いられたり、長期間にわたって食事付きの滞在ですと、年配の方や日本食好きな方には辛い事です。
グループ旅行は卒業したけど1ヵ月に及ぶ長期滞在はまだちょっと不安という方は、1週間から2週間ぐらいの滞在で料理やイタリア語レッスン、またはマイペースでイタリアを旅行する目的でご利用の方にはピッタリです。のんびり滞在しながらローマやフィレンツェ、ウンブリア地方の観光地などに出かけたりなさるにも便利です。


現地でかかる費用で主なものは食事代と交通費になります。
食事代は外食か自炊かによりかなり変わってきますが、一般的にイタリアの食材は消費税も入っていないので日本の半分以下です。レストランは昼食は10ユーロ前後、夕食は20ユーロぐらいから食べれます。キッチンには食器、料理器具など完備していますが、調味料関係ははじめに購入することになります。ウンブリア特産のオリーヴオイルや黒トリフ、チーズや生ハムをふんだんに使ってイタリア料理を作ってみてください。交通費は主に鉄道運賃ですが、例えばローマ往復1,300円ほど、フィレンツ往復5,000円ほどです。
その他、何かご不明のことがございましたらどうぞお問合せ下さい。


滞在先はアメリア市旧市内のパリアリッチ家です。

旧市内のピンクのお屋敷すべてがオーナーの家 門を入ると広い廊下が伸びる
扉を開けると広い玄関 快適なシャワー付きトイレ
暖炉があるゆったりしたサロン サロンと一体のダイニングキッチン
快適なダブルベッドの寝室 寝室の窓から見える中庭








お問合せ・お申し込みは